○TOP > 釜寅 > 釜寅ランチを実食!~うなぎごぼう

ランチうなぎごぼうを頼んでみました。さてどんな感じでしょうか?

ランチうなぎごぼうを注文!

釜寅のうなぎ、とろりとしてやわやわな食感で美味しいのは通常メニューを何度も食べたことがあるので
知っていましたが・・・ランチの釜飯となると、どうなのでしょうか。
うなぎごぼう、というだけあってごぼうばかりなのでしょうか?

不安も少々ありますが、実食してみました!

釜飯のふたを開けると・・・おお?意外とうなぎが多いですね!!これは期待大です!
思わずガッツポーズです。うなぎ、ごぼう、ちょっと太めのこんにゃく、ごまが具材です。
こってり濃厚なうなぎのたれが艶めいていてなんとも美味しそうです!

ほろりと崩れるうなぎがたまらない!

今回の釜飯・主役のうなぎが登場です。
釜寅のうなぎは、ほろほろトロリ食感、箸で持ち上げるとすぐに崩れてしまうほどの柔らかさです。

生臭みはなく、皮もとろりとして柔らかく、身の表面はこんがり香ばしく、中の身はしっとりやわやわ。
うなぎ特有の甘み・白身魚のような甘みといえばいいでしょうか。お魚の美味しい甘みがしっかりあります。
うなぎの甘みを甘辛いたれが包み込んでいて、ごはんがどんどん進んでいきます。

ごまもいい仕事しています!

ごま、です。
ごまというと脇役です・・・確かに脇役ですが!
うなぎのうまみ・たれ・ごぼうの香りなど具材のうまみと香りをすべて吸収している!
ここに気づく方はどれくらいいるのか・・・。

ごまを噛んでプチッとはじけた時に、具材の美味しさがはじけるんです。
小さな小さなごまですが、美味しさがギュッと詰め込まれている感じです。あなどれません、ごま!

ごぼうの美味しさに脱帽です!

ごぼうです。
商品名にもあるごぼう、存在感がすごいです。
うなぎと同等の量が入っている感じですが、量ではなく、ごぼうの味が存在感が大きいのです。
うなぎの味とうなぎのたれを吸って濃厚な味わいになっています。
そこにごぼうの香りと土の香りが合わさり、このごぼうだけで商品できるんじゃないかと私は思います。

歯ごたえもいいですね。
シャクシャクとした食感、噛めば噛むほどじわじわ出てくるうなぎの味とごぼうの味。
これは箸が止まりません・・・。

地味だけど見事な存在感!

こんにゃくです。
割と太めにカットされているので小気味良い歯ごたえです。
クニュっとした食感がごぼうやうなぎとは違う食感なので食が進みます。

食事は「味」が大事だと思いますが「食感」も大事だと思うんですよね。
すべてが同じ食感もまた、まとまりのある美味しさがありますが
時々現れる、違う食感もまた違った美味しさを演出してくれて食べる楽しさがあります。

こんにゃくもまた、うなぎや調味料などの味をしっかり含んでいて豊かな味です。
噛めば噛むほどじわりと美味しい味が出てきて、こんにゃくって目立たない存在なのに
実はすごい役者だなと思います。

具材の味をしっかりしみこませたご飯!

釜の底をしゃもじですくいあげてみました。
意外とおこげがないですね。うまぎのたれ効果でしょうか?底のご飯はしっとり系です。

よく味がしみこんだご飯です、これだけでもオイシイ!
うまぎ・うなぎのたれ・ごぼうなどの具材の味を芯までしみこませて美味しいご飯になっています。
色からしてもうね、美味しさがわかります!
このご飯だけをかみ締めて食べてみることを私はオススメします!

ご飯と具材を一緒に食べてみる!

釜飯はやはりご飯と具材を一緒に食べるのが一番美味しさを実感できますね。
我を忘れて、ガッツガツかきこんでしまいましょう!

味のしみたごぼうの、なんと美味しいことか・・・

まずはお茶碗に釜のご飯と具材をよそいます。
うなぎ・ごぼう・こんにゃくをまんべんなく混ぜ込んで、がポイントです!
ごぼうの色味が食欲を増しますね。味が良くしみこんだごぼう、最高です!

うなぎとごはん、最強タッグ!

うなぎとご飯をかきこみます!
うなぎの香ばしさと甘辛さ、甘み、たれの濃厚な味がご飯に合わないわけがない!!

薬味でちょっと風味に変化!

ちょっと気持ちを切り替え、薬味のねぎを投入するのも新鮮な気分になります。
シャキシャキしたねぎがさっぱりした風味を醸し出してくれます。

混ぜ込むとさらに美味しさが広がります!

釜の中をちょっと混ぜ込んでみました。
味が混ざり合い、さらに美味しさが増しますヨ!
結構食べた後なのですが、まだまだご飯があります!
釜寅の釜飯は全品ご飯大盛りです。おなかがいっぱいになれる嬉しいサービスですね♪

ご飯と具材を楽しんだら・・・さらなる楽しみを味わう!

釜寅が推奨するシメ方。おだしをかけてお茶漬けに!
ご飯が少なくなった頃、私はいつもアツアツのおだしをかけてお茶漬けにして楽しんでいます。

味わい深い釜飯のご飯、日本人に生まれて良かったと思えます!

ご飯も具材もだいぶ減りましたね。
おなかもだいぶふくれてきましたが、ここでおだしの出番です!

上品な味わいのおだしをかけて・・・お茶漬けを楽しもう!

おだしはポットに入っているので結構長い時間アツアツ状態を保っています。
お茶碗にご飯をよそい薬味をパラリと。
そこに熱いおだしをかけて・・・

うなぎの味わいをとことん味わう!

うなぎごぼうのお茶漬けが完成です!
うなぎ・ごぼう・うなぎのたれ・こんにゃく・ご飯・ごま・調味料・薬味、そしておだしの味が
すべて一体化しました。

そもそもうなぎのお茶漬けだなんて・・なんて贅沢なんでしょうか!美味しいに決まってます!
うなぎのたれなど、濃いめの味付けがおだしと混ざり合い丁度よい味わいになっています。

最初はあっさりなのに食べ進めるとコクを感じられ、そして食べ終わりはまたあっさり。
不思議なお茶漬けですが、とても満足感があるお茶漬けです。

美味しいからこそ最後まできれいに食べきれます!

シメにお茶漬けを2杯ほど楽しんで、完食です。
釜の中はスッカラカンですね。あますことなく食べきった充実感、食の楽しみのひとつとも言えます。

ランチうなぎごぼう、税込み1,080円でうなぎを堪能できるのは最高です。

頼む前までは、ごぼうがどうして入っているんだろう?うなぎ削減のためか?なんて思っていたのですが
ごぼうがまたいい味出していますね。
ごぼうがあってこそ、うなぎの味がさらに深い味わいになっているように感じます。

ただ気になったのは、きぬさやが入っていなかったこと。入れ忘れでしょうか・・・
細かい事ですが少々悲しいものがあります・・・。

味とコストパフォーマンスを見て大満足です!ランチうなぎごぼうは何度でも食べたくなりますね。
私の定番メニュー決定です!

それでは次にランチしらす釜飯の実食の様子を紹介していきます!
釜飯にしらすかよ・・・うそだろオイと思っていましたがコレがなかなか!!

ランチしらす釜飯、実食です!

ランチはどれが人気メニュー?独断で決めたランキング!

ランチだとちょこっとお値段が控えめなので注文しやすい!だから私はいつもランチを注文しています。
長年釜寅を利用している私がお勧めするランチメニューをランキングしてみました。

☆第一位☆
ランチうなぎごぼう
☆第二位☆
ランチ五目釜飯
☆第三位☆
ランチしらす釜飯
釜寅のうなぎはやわらかくてほろっと身が崩れる・・・
そして香ばしくて甘辛い味わい。そこに加わるゴボウの風味とこんにゃくの食感がやみつきになります。
うなぎごぼう、実食の様子!
いろいろな具材のうまみを味わえる楽しさ!どの具材もちゃんと下味がついているから美味しいです。
中でもタケノコが品の良い味わいを出しています。
五目釜飯、実食の様子!
釜飯にしらす?
そんなんで腹がふくれる訳ない!
…そんなことはありません!
しらすと温泉玉子、
このあっさり感にハマる人続出!
しらす釜飯、実食の様子!

釜寅は「釜飯をもっと美味しく楽しく」をモットーに素材を吟味しアツアツの美味しい状態でお届け!
美味しいからこそ、リピーター客が増加・定着するわけですネ。

ランチとクーポンで釜寅をオトクに!