○TOP > 釜寅 > 釜寅ランチを実食!~しらす釜飯

ランチしらす釜飯を頼んでみました。さてどんな感じでしょうか?

ランチしらす釜飯を注文!

まったく眼中になかった「ランチしらす釜飯」
でも実は人気のあるメニューと聞き、注文してみました。はたして美味しいのでしょうか?
というよりボリューム的にどうなのか?お腹は満たされるんだろうか。
いろいろ不安がよぎります。

しらすとねぎがたっぷり!!

ランチしらす釜飯の具材は、しらす・ねぎ・温泉玉子・ごぼう・のり・ごま・ごま油です。
油ものはごま油のみ、非常にさっぱり・あっさり系の釜飯です。
しらすとねぎがたーっぷりご飯の上に乗っていますね!色合いがとても美しい!

ごぼうとのりがいい仕事しちゃってます!

しらすとねぎの下に敷かれているのは、のりと細かく刻まれたごぼうです。
ランチうなぎごぼうと比べると、ごぼうの存在感はかなり薄いです。

しらすはふっくら柔らかそうで美味しそうです。いわゆる釜揚げしらすですね。
とにかくねぎが大量です。どんだけ乗っけたんだと思うほどです。
大量のねぎは、ねぎ好きにはたまらない!!鮮やかな緑色が食欲をそそります。

しらすとごま、素晴らしいコンビネーション

しらすのふっくら感、画像で伝わるでしょうか。
新鮮なしらすを茹でた感じがひしひしと伝わります。
ふっくらとしていて、うっすら甘みを感じるしらすにからむごま・ねぎ・そしてのり・・・
うまいことまとまった味に仕上げてあります。

ごまのプチッと感もいいですね。
こっそり隠れているごぼうと、コクを与えるごま油がより美味しさを広げています。
ごま油がかかってないと、あまりにもあっさりしすぎていて食べた感じがしないのかも、なんて思いました。

ごま油は香ばしい香りとこっくりしたコクのある味わいをプラスするので、
このあたりはさすがいいセンスしてますね釜寅。
しらすご飯にごま油をかける発想、普段の食事でも真似したいと思います!

こんな風に食に対する新しい発見やアイデアがあるのは外食ならではですネ。

ほんのり味付けの釜飯が美味しい!

しらすとねぎの下には、ほのかに調味料の味が染みこんだご飯が登場。
上品な味わいのご飯です。これが味の濃いご飯だったら、しらすやねぎの味を殺しているところです。
しらすの、繊細で儚い味わいを生かす味付けです。

あくまで主役は【しらす】よく考えられているのなと感心します。

とろとろの温泉玉子が登場!

ランチしらす釜飯には、温泉玉子がついています。
とろっとろの温泉玉子・・・これがしらす釜飯にどのように味の変化を起こすのでしょうか。
期待していいのかどうか迷いどころですが、のっけちゃいましょう!!

ご飯と具材を一緒に食べてみる!

温泉玉子をしらす釜飯にイン!

温泉玉子をイン!

ふるっふる震えている温泉玉子。
崩すのがもったいない・・・。
まろやかな味わいの温泉玉子が、しらすご飯に合うのかどうかさっそく食べてみましょう。

温泉玉子のとろり感、たまりません・・。

温泉玉子を崩してみました。とろとろの黄身は私の大好物です。
ちょこっと醤油をたらしてご飯をかきこみたくなりますが、そこは我慢・・・。
まずはしらすご飯と味の共演を楽しみましょう!

黄身の美味しさを堪能!

温泉玉子をアップにしてみました。
黄身のとろり加減が最高ですね。

温泉玉子を加減良く作るのって難しいと思うのですが、お店で提供される温泉玉子は
本当に上手に火が通っていますね。いったいどうしたらこうもうまくできあがるのか・・・。

しらす釜飯を味わい尽くす!

すべての具材が揃ったので、釜からお茶碗によそってみます。
しらす・ねぎ・ごま・ねぎ・のり・ごぼう・温泉玉子・ごま油・ご飯がお茶碗の中で一体化しています。

こんなに薄味の具材ばかりで、醤油とかかけなくていいのかな?と疑問に思いますが
まずは食べてみましょう。

ご飯と具材を楽しんだら・・・さらなる楽しみを味わう!

温泉玉子を投入した、しらす釜飯を茶碗によそってみました。

お茶漬けの準備開始!

食べてみるまでは、まったく味がないというか何の味も感じられないのではないかと思っていたのですが
味の不足を感じませんでした。塩や醤油がなくても十分食べ進められます。
味の濃い食事をよく摂取している方は、少しだけ醤油をたらすといいかもしれませんね。
けれどまずは、なにもかけずにこのままの味を楽しんでほしいです。

なんというか、すんなり胃に入っていくというか。
何か味が足りないとそういった事もなくごく自然に胃に入っていく感じです。
とても上品な味わいで、京都風の料理をイメージすると良いかもしれません。

しらすのほんのりした甘み、ねぎのしゃきしゃき感とわずかな辛み、のりの海藻の香り、
ほんの少し歯ごたえのあるごぼう、ごまの、プチッとはじけた後に広がる香ばしい香り・・・。
どれも柔らかな主張をする具材たちを、コクとまろやかさのある温泉玉子とごま油が包み込んでいます。

優しい味わいなのに、味が足りないわけではない。不思議な味加減です。
上品さと物足りなさの、すれすれの加減ですね。
たまにはこんな上品な味を楽しむのもアリですね、とても美味しいです。

濃い味に慣れている人には、最初のひと口、ふた口は物足りない!と思うかもしれませんが、
よく味わうとこの繊細で奥ゆかしい、絶妙な味加減の美味しさに気づくと思います。
それでも食べ進めるうちに味が足りないな、と感じる時は、塩を少しかけると
味が引き締まり美味しく食べられますよ!塩をかけてもまだちょっと物足りない場合は醤油をどうぞ!

最初から醤油をかけてしまうと、どうしても醤油の味が勝ってしまうので、まずは塩をおすすめします。

アツアツのおだしをかけて

釜飯を楽しんだら、お待ちかね!おだしをかけてお茶漬けです。
あっさり味の釜飯におだし、さらにあっさりしそうですが美味しいのかちょっと不安がよぎります。
とりあえず、アツアツのおだしをたっぷりかけて食べてみましょう!

さっぱりあっさりのお茶漬け完成!

アツアツのおだしをかけてお茶漬けが完成です。
とても品の良い上品な味わいと、柔らかなだしの香りが心地よいです。
和食っていいなと、ふと思ってしまうほどこの香りは素晴らしい!
ハンバーガーなどのジャンクフードも美味しいけれど帰るべき所はやはり和食・・・そう感じてしまいました。

おだしをかけると、特に「のり」の風味が豊かになります。
のりが持つ海の香りと海藻の香り、そしてかつおぶしから取ったおだしの香り・・・
どちらも海のものだから相性が良いのでしょうね。香りをかぐだけで心が和みます。

しらす釜飯のお茶漬けは、優しい味わいです。天塩のやきしお、しょっぱいだけじゃない!
少し塩をかけると、味が引き締まりより美味しさが増すと私は思います。

おすすめの塩は「天塩」のやきしお、です。
塩辛さだけじゃない、塩がもつ甘み、を感じさせてくれる優秀な塩です。
どんな料理にも合います、そして手頃なお値段なので私は使用しています。

「天塩」のやきしおをかけるとお茶漬けの味がビシッと決まるんです。
具材が多いと味が散漫になりますがこの塩のおかげで
味がまとまりはっきりした味になる感じがします。
一度お試しください!

きれいに完食!

まずは釜飯をたっぷり堪能、そしてシメにおだしをかけてお茶漬けを楽しむ。
ただ釜飯をそのまま楽しむのもいいものですが、ちょっと違った楽しみ方をすると
満足度がガラリと変わりますね。
フランス料理のフルコースを堪能したような満足感といえばいいのでしょうか。
食べた後の、何とも言えない満足感。これは皆さんに絶対に味わってほしい体験です。
たかが釜飯ですが、釜飯を見直すきっかけになるのでは、と私は思います。

それでは続きましてランチ五目釜飯の実食をご紹介していきます!
五目釜飯といえばド定番の釜飯!定番の味ははたしてどんなものでしょうか!

ランチ五目釜飯、実食です!

ランチはどれが人気メニュー?独断で決めたランキング!

ランチだとちょこっとお値段が控えめなので注文しやすい!だから私はいつもランチを注文しています。
長年釜寅を利用している私がお勧めするランチメニューをランキングしてみました。

☆第一位☆
ランチうなぎごぼう
☆第二位☆
ランチ五目釜飯
☆第三位☆
ランチしらす釜飯
釜寅のうなぎはやわらかくてほろっと身が崩れる・・・
そして香ばしくて甘辛い味わい。そこに加わるゴボウの風味とこんにゃくの食感がやみつきになります。
うなぎごぼう、実食の様子!
いろいろな具材のうまみを味わえる楽しさ!どの具材もちゃんと下味がついているから美味しいです。
中でもタケノコが品の良い味わいを出しています。
五目釜飯、実食の様子!
釜飯にしらす?
そんなんで腹がふくれる訳ない!
…そんなことはありません!
しらすと温泉玉子、
このあっさり感にハマる人続出!
しらす釜飯、実食の様子!

釜寅は「釜飯をもっと美味しく楽しく」をモットーに素材を吟味しアツアツの美味しい状態でお届け!
美味しいからこそ、リピーター客が増加・定着するわけですネ。

ランチとクーポンで釜寅をオトクに!