○TOP > 釜寅 > 茶碗蒸しにうどんが! ~サイドメニューをあなどるな

釜飯だけじゃない!サイドメニューも美味しかった!

釜寅といえば釜飯!ですが、実はお総菜などのサイドメニューも各種取り揃えています。
サイドメニューを注文するのは初めてなので、味が心配でしたが・・・さっそく実食です!

おだまき蒸し、注文してみました!

・「おだまき蒸し」を注文してみました。

大きな茶碗蒸しの中に、なんとうどんが入っているんです!
この料理を知らなかった私にとっては衝撃的でした。

おだまき蒸しは歴史ある料理のようで、1660年代後半からあったとの説があります。
元々は長崎が発祥の地らしいですが、それが大阪に伝わり大流行。
そして幕末には江戸にも伝わったとされています。
当時は「たまご」は貴重な食料だったので、贅沢な料理でした。
病気の時やお正月などお祝いの席でよく食べられていたようです。
具材がたっぷりなので、おもてなしにもぴったりの料理ですね。

様々な具材が入った茶碗蒸しの中にうどんが入っているので、とても栄養価の高い料理です。
栄養価が高いのでお子様やご年配の方、体調を崩した時に最適な料理と言えます。
釜寅で注文するときにいつもいつも気になっていた「おだまき蒸し」。
今回初注文です!そして食べるのも初です!どんな味わいなのか楽しみです。

大きな茶碗で茶碗蒸し!

釜寅のおだまき蒸しの具材は、しいたけ・うどん・銀杏・たけのこ・鶏肉・ホタテ・エビ・かまぼこです。
おだまき蒸しって本当に具だくさんですね!
ふたを開けると、上品な優しいだしの香りと茶碗蒸しのやわらかな香りがほっこりさせてくれます。

具材たっぷりな茶碗蒸し

えびとしいたけが見えていますね。茶碗蒸しでは主役級の存在です。
茶碗蒸しはふるふる震える柔らかさ。和む食感ですね、スルスル胃に入っていきます。
エビは生臭みもなく甘みがあって美味しいです。
しいたけも噛むとじわりとしいたけの味がジュワッと出て、茶碗蒸しの味を邪魔しない良い味わいですね。

茶碗蒸しはたまごとだしの味わいがしっかり、けれど薄味で品の良い上品な味です。
いくらでも食べれちゃう味です。胃にも気持ちにも優しい・・・そんな感じです。
食べ進めていくと、茶碗蒸しの底にはお待ちかね!のうどんが姿を見せてくれました。

茶碗蒸しの中にうどんが!!

おだまき蒸しに入っているうどんはやや太めのうどんでもっちもちした食感です。
つるつるしてるのでのどごしも良いです。
なかなかの食べ応え、これは風邪を引いて食欲がなくなった時にもってこいの食事です。

うどんに茶碗蒸しの味が染みこんでいて、京風うどんのような味わいに感じます。
薄味なんだけど、だしの味と具材の味、たまごの風味でとても美味しいです!
味が物足りない方はほんの少し塩をかけると丁度良い味になりそうです。
茶碗蒸しとうどん、なかなか良い相性です。

あっさりやさしい味がたまらなくおいしい!

一気に食べ進めてきたので、だいぶ具材がなくなってきました。

具材がなくなると、おだしとうどんだけになっていきます。
なんとなく、上品なおだしのつゆでうどんを食べる感じがしますね。スルスルッと食べられます。
本当にあっさりした味わいです、具合の悪いときだけでなく、夜食や二日酔いの時にも良さそうです。
おだまき蒸し、なかなかいいですね!今後使えるレシピアイデアを頂いた気分です♪

ごちそうさまでした!

優しいあっさりした味なので、さらさらっと食べきれます。とても上品な和食ですね、美味しかったです。
薄味なのでメイン料理にはならないですが、気持ちが和らぐというかホッとする味わいなので
とても気に入りました!また頼みたいと思います!

サイドメニューをあなどるな

釜寅は釜飯の他にお総菜などのサイドメニューも揃えています。
サイドメニューを頼んだのは今回が初めてですが、頼んで良かったなと思いました。
それでは実際に注文し食べてみた感想などをご紹介していきます。

竜田揚げがかなり強者

釜寅は「釜飯をもっと美味しく楽しく」をモットーに素材を吟味しアツアツの美味しい状態でお届け!
美味しいからこそ、リピーター客が増加・定着するわけですネ。

ランチとクーポンで釜寅をオトクに!