○TOP > 釜寅 > 一度で三度美味しいとは? ~釜寅のこだわりを知ろう!

釜寅のこだわりとは?そこには強い思い入れがありました。

釜飯をもっと美味しく楽しく。釜寅は釜飯の食べ方が色々あることを教えてくれました。
釜寅が提案する「釜飯を一度で三度美味しく食べる方法」それはどんな食べ方なのでしょうか。

釜寅の釜飯にはこだわりが!

・その1、そのままで

まずはストレートで釜飯のご飯と具材をしっかり味わってみてください。釜飯の味をストレートで味わう!
調味料と具材から出る美味しいだしをを吸い込んだお米の味、
色とりどりの具材のうまみ、 ご飯と具材を一緒に頬張った時に
美味しさが混ざり合う心地よい風味・・・たまりません!
アツアツのうちにどうぞ!

釜の底をしゃもじですくうと、お米のお焦げが出てくるのでお楽しみに。
一気に全部食べきりたいのを我慢して・・・半分くらいは残しておこう!

・その2、薬味をのせて

釜飯そのままの味でも十分美味しいのですが、ちょこっと違う風味が
加わると美味しさが変わり楽しくなります。陰の主役、薬味!

小ネギのさわやかさとシャキシャキの歯触り、いいですよね。
海苔からふわりと漂う海の香り、これも釜飯を引き立ててくれます。
そして本わさび、ビリッとくる辛みが美味しさを吸い込んだご飯に
新鮮な味わいを足してくれます。

・その3、ダシを入れて

釜寅がお勧めしている食べ方、シメとして【おだしをかけてお茶漬けに】
なかなか画期的なシメ方ですね。さらっとおだしでお茶漬け、やみつきになります!
かつおだしの風味が立ち上るアツアツのおだしをかけて
サラサラっと釜飯を流し込む。
具材のうまさと飯のうまさ、そこに香り豊かなおだしが加わる・・・
素直に美味しいと思う味わいです。

そして後味がさっぱり、食べた後におだしの風味が余韻として残る感じが私は大好きです。

釜寅のこだわりを知ろう!

釜寅の美味しさへのこだわり、そのこだわりが利用客の心を鷲掴みしているのかもしれません。
せっかく注文したのなら、こちらもあますことなくとことん美味しさを追求しましょう!

私がオススメするシメの食べ方

釜寅は「釜飯をもっと美味しく楽しく」をモットーに素材を吟味しアツアツの美味しい状態でお届け!
美味しいからこそ、リピーター客が増加・定着するわけですネ。

ランチとクーポンで釜寅をオトクに!